ブラックな科学

現役理系大学生のはるが今すぐ使える簡単心理学や健康術を解説しています。

雑談力を爆上げする悪魔的な魔術 もう雑談ネタには困らない!

「話がすぐに途切れてテンポが悪い…」

「相手の反応があまりよくない"(-""-)"」

f:id:takoyakisann:20201222212322p:image


      この記事を読んでわかること

  1.  相手を引き込む質問のしかた
  2. 相手が食いつく話題

 

こんにちは! はるです(^^♪(はる(ブラックな科学) (@lifehackmark42) | Twitter 

どうも助手のマスクです( ^)o(^ )

 

変な沈黙を恐れてはいませんか?
自分だけ喋り倒してはいませんか?

実は多くの人が雑談に関して間違った知識を持っています。

そして、数少ない正しい知識を持った人間に搾取されてしまっているのです。

そんなの納得できますか?

私は納得できません"(-""-)"

そこで今回はこれ以上搾取されないため、そして自分が他人を引き込むための雑談テクを紹介します(^^♪

 

 

 

ミスる雑談

f:id:takoyakisann:20201222212328j:image

 

ミスる雑談の最たるものとして挙げられるのはやはり”自分のこと”しか話さないことです。

自分が話し倒して勝手に気持ちよくなったところで相手は気分が良いわけないですもんね(*'▽')

ここまではなしたとき、少し知識のある人は

「質問すればいいんやろ?」

といわれます。

確かに正解です。

ですが、残念なことに
その先の本当に大事な部分が欠落してしまっていることが多いのです。

なのでここからは正しい質問について解説していきたいと思います。

 

ただ質問すりゃいいわけじゃない!!

 先ほどから何度も書いておりますが、質問は超大事です。

ただし、ボンボン質問をすりゃいい。
というわけではありません。

本当に大事なこと

それは””話の筋を外さないこと””です。

どういうことかというと、
例えば、好きな歌手について語っていたとします。

それなのにいきなり「昨日の政治ニュースどう思った?」なんて話がそれまくったことをいわれたらどうおもいますか?

私なら「なんやコイツ」と怒り心頭です。

先生!いいすぎです"(-""-)"

これは極端すぎる例なので、
「そんなことないやろ」
と思った方も多いかもしれませんが、実際はこういったことが多く起こってしまっています"(-""-)"

例えば、この前旅行に行った時の話をしているときにいきなり地元の話に切り替えたり、とかです。

 

まとめてしまえば、

  • 話の筋をとらえないとダメ
  • 一貫性がないとダメ

 これらの要件を満たすためには雑学的な知識が多い人ほど有利だということが言えます。

ただ質問するだけがダメなのは分かりました。

じゃあ興味を引く話題とは何なんですか?

それは次で話すことにしましょう。

 

 

聴き手がヤバいほど食いつく話題

f:id:takoyakisann:20201222212354j:image

 

実は聴き手が食いつく話題って限られているんです。

しかも簡単に発見できます。

それは””自分にとって都合のいいこと””です。

具体的にどういうことかを説明していきます(^^♪

 

知っていることに食いつく

聴き手が食いつく話題、
それは””自分が知っていること””です。

「えっ! 新しいことを興味深そうに聴いてくる人いるけど?」

と思う方もいるかもしれません。

しかし、残念なことにそれはあなたに媚を売ろうとしていることがほとんどです。

もしくは、話し手のトークスキルが高すぎる。

この二択です。

結局人間は自分に都合のいい生き物です。

あなただって自分の知っていることが正しい方が都合がいいですよね?

ですから、相手が知っていそうな、興味がありそうな話題を振ってあげるのです。

例えば、相手がアイドル好きなら、「私はこのアイドルが好きなんやけどあなたはどう?」

何気ない話に見えますが、これだけであなたに対する印象は爆上げです(^^♪

ちなみに、相手が何に興味がありそうかは持ち物から大体予測が付きます。

 

 

 

 

結局自分が大好きです。

結局これですね。

人間結局自分が大好きです。

褒めちぎりましょう。

人間は自分に都合が良いことしか耳に入ってこないとは先ほど解説しました。

褒められたり、称えられたりするとあなたにとって都合がいいですよね?

自分が正しいと思えるから。

ですが、褒め方にも少し注意点があります。

男性を対象にするときは問題ないのですが、
男性が女性を褒めるとき、であっても間もないのにいきなり外見から褒めると警戒されます。
「コイツ下心あるんちちゃうか?」と

持ち物や衣服から褒めていくべきです。

そして関係が少し安定したと思ったタイミングで外見を褒めてあげると効果的でしょう(^^♪

 

まとめると

  • 相手が知っていることを中心に話す
  • とりあえず褒めちぎる

 

これらを見ると、雑学的な知識や世間の流行りを知っている人のほうが有利だということが分かりますね(^^♪

今すぐテレビを見ます!

 

 

まとめ

人間は結局自分に都合が良いことを好む。ということを理解したうえで

話の筋をとらえ、一貫性のある質問を投げかけてあげましょう。

そして話題の内容としては

相手の知っていることを話し、とりあえず褒めちぎる。です。

人間は自分が好きなだけ話せるとすごい快感を覚える生き物です。

なので、あなたが「トーク力を上げよう!」と気を張る必要はありません。

どれだけ自分のことを話させるか。が重要なのです。

 

今回のオススメの本

今回のオススメの本は
ファンダム・レボリューション SNS時代の新たな熱狂 」です。

この本はいわゆる”バズらせる”方法を解説した本です。

なぜ今回の話題でこの本を紹介したかといいますと、先ほども述べたようにあなたのトークスキルを上げる必要はないからです。

それよりも人々の心を動かす言葉や方法をバズらせる職人たちから学ほうが、
恋愛、友人関係、果てはビジネスにまで応用できます。

疑心暗鬼のでも噛みませんので是非一度手に取ってみて下さい(^^♪

きっと私に感謝したくなりますよ(^^♪ 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます(^^♪