ブラックな科学

読者のストレスからの解放を目的とするブログです。相談受け付けてます。

他人を引き込む魔の質問 ~人を意のままに操る方法~ パート1

f:id:takoyakisann:20200918163727p:image

最初にあなたに質問です。

 

あなたは、

食材や日用品などの生活費や家賃、

通院費、投資などの資産運用に至るまで、

 

お金について何か悩みを抱えていませんか?

 

 

これについて真剣に考えたうえで次にお進みください(^^♪

 

 

 

 

 

なにか一つぐらい思いあたったのではないでしょうか?

 

ここで再び質問です。

 

お金について悩みはありますか?

 

 

 

 

 

 

多分1つ目の質問は

何か思い当たるものがあったとしても

 

2つ目の質問のほうを先にされたら

 

何も思い浮かばない人も多いのではないかと思います(*‘∀‘)

 

いかがでしたか?

 

 

人を説得したり引き込んだりするのに

 

一番有効な手段は質問です(^^♪

 

今回は

他人を引き込むための質問の方法

について解説します(^^♪

 

 

 

なぜ質問が最強の呪文なのか?

f:id:takoyakisann:20200918163739j:image

 

質問がなぜ

最強のコミュニケーションツール

 

になるのかというと、

 

人間は自分のことを語ると

 

脳が大金をもらったとき

 

と同じような反応を示します(*‘∀‘)

 

そのような反応を起こさせて信用を得るための

 

 一番の方法が質問なのです(^^♪

 

 

ここでは具体的にどのような質問をすればいいのかについて

 

解説していきます(^^♪

 

 

引き込む質問の正体

f:id:takoyakisann:20200918163746j:image

 

 

冒頭の質問2つの違いは何だと思いますか?

 

それは、

相手の考える選択肢を限定した

ことです。

 

2つ目の質問ならば、

自分の経済面全体に関してザックリと考えたはずです。

 

 

しかし1つ目の質問の場合はどうでしょう?

 

まず初めに

食材や日用品などの生活費や家賃、通院費、投資などの資産運用について

 

考えたのではありませんか?

 

皆さんの頭の中で考えたことを書くなら

 

「日用品は仕方ないとして食費がちょっと高いなぁ、家賃ももう少し安くていい所はないかしら?、投資はちょっと怖いかなぁ…」

 

といった感じでしょうか?

 

次々と問題が頭の中に出てきましたよね?

 

このようにして、

話題の内容(ここではお金)を細分化(生活費や通院費など)することで

 

相手にそのことについて具体的にイメージさせ

 

相手に自分の抱えている問題

 

実際には抱えていない問題

 

抱えているかのように錯覚させ

 

商品を売りつける

 

というのが昔からマーケティングで行われている手法なのです(^^♪

 

 

 

 

確認テスト

ここで自分で

相手を引き込む質問を考えてみましょう(^_-)-☆

 

問1、人間関係について

 

 

悪い例

1、最近人間関係で何か悩みを抱えてはいませんか?

 

 

答えは下へスクロール

 

 

 

 

模範解答

 

1、最近、職場や友人、恋人などとの関係で何か問題を抱えてはいませんか?

 

 

これはただの1例です。

 

もしこれはどう?

 

というのがあったら

 

プロフィールにある私のTwitterのリンクから飛んで

 

DMしていただくか、問い合わせでも結構です(^^♪

 

コメントでも見つけれたらお応えします(^^♪

 

 

 

まとめ

質問とは、

相手から信頼を得る最強の呪文

です(^^♪

 

これは相手を意のままに操る方法を紹介しているので

 

話題なんてどうでもいい場合も結構あります

 

得たいのは信用ですから(^^♪

 

相手に自分のことを語らせるだけで信用が爆増するということは

以前の記事でも解説済みです(^^♪

 

 

 

www.cmonsterssfree.work

 

 

まだまだありますが、字数が多くなりすぎるので

 

残った分は パート2で解説します(^^♪

 

今回オススメする本は「影響力の武器」です。

 

 この本は人がどのような心理的メカニズムで動かされるかについて

 

非常に理解しやすく書かれています(^^♪

 

いい成績を出したいセールスマンにも

 

騙されて必要のない商品を買いたくない

 

消費者にも読んでいただきたい一冊です( ^)o(^ )