ブラックな科学

現役理系大学生のはるが今すぐ使える簡単心理学や健康術を解説しています。

受験生必見! 正しいカフェインの使い方 食後の眠気にさよならをしよう!

「昼食後の襲ってくる眠気に耐えられない"(-""-)"」 

 「ポーっとして頭に内容が入ってこない…」

f:id:takoyakisann:20201219235208p:image


     この記事を読んでわかること 

  1. カフェインの正しい使いかたと危険性
  2. 昼から眠くならない方法 

 

こんにちは! はるです(^^♪(はる(ブラックな科学) (@lifehackmark42) | Twitter 

どうも助手のマスクです( ^)o(^ )

昼からも目を覚ましてバリバリ作業できていますか?
モンスターぶち込んで夜更かししていませんか?

実は多くの人がカフェインについて間違えた認識を持ってしまっています"(-""-)"

カフェインとはいつでも力を発揮してくれる完璧な代物ではありません!

そこで今回は皆さんに正しい知識を授けるとともに、より昼からの作業を効率的にする方法を紹介します(^^♪

 

 

 

カフェインの勘違い

f:id:takoyakisann:20201219235220j:image

 

冒頭にも述べましたが、実はほとんどの方がカフェインについて誤解している部分があります。
摂取すれば眠気が覚めるなんてのはです。

また、危険性も潜んでいます。

そこでここではカフェインについて簡単に説明したいと思います(^^♪

 

カフェインに潜む危険性

 カフェインってとりすぎが危険ってしってましたか?

まぁ、この情報は何度もニュースで取り上げられているのでご存じの方も多いと思います。

カフェインの致死量は約11g(11000㎎)です。(体重が55㎏の場合)

では、我々が普段飲む飲み物のカフェインの含有量がいくらかというと

 

種類

含有量(1缶、1本あたり)

致死量までの本数

コーヒー 237ml

約135㎎

約81杯

緑茶 237ml

約30㎎

約366杯

レッドブル 250ml

約80㎎

約137杯

モンスター 355ml

約142㎎

約77杯

 ちなみに致死量とはこの量を摂取した人の50%が死に至る量です。

 

カフェインは約8時間で体内から抜けきってしまいます。
カフェインで死ぬのは現実的じゃありませんよね"(-""-)"

こんなに飲んだら胃袋がパンクしちゃいます。

 

ですからニュースで聴くエナジードリンクでの死亡事故はカフェインが原因ではないのでご安心を。

原因は別の成分なので、エナジードリンクの過剰摂取は危険ですよ。

 


これは余談なんですけど

アメリカで起きた面白い裁判でレッドブルの消費者が

「翼が生えなかったじゃないか」

ということで起こした裁判で、まさかの消費者が裁判で勝ったそう。

さすが自由の国アメリカですね"(-""-)"


 

 

 

正しい知識を身に着けよう

カフェインが原因で死ぬことはないといいましたがそれでも危険は潜んでいます。

その危険で最も怖いのが睡眠障害です。

カフェインは眠たいときに摂取してもあまり意味がありません。

簡単に説明すると、

脳に疲れを感じさせる成分と、カフェインが蓄積される場所は一緒です。
なので、先に疲れがたくさんたまっているとカフェインを蓄積できないので効果を発揮できないんです"(-""-)"

眠たいときなんて基本疲れがたまってるときですもんね(*'▽')

f:id:takoyakisann:20201219224626p:plain

※黄色:カフェイン
 紫色:疲れ成分


それどころか中途半端に力を発揮するので、睡眠の質が著しく低下して

  • 朝起きられない
  • 疲れが抜けてない

などの症状が起こってしまうのです"(-""-)"

 ですから寝る8時間前より後には摂取することをやめてください。

 

まとめると

  • 眠たいときには効果を発揮しない
  • 寝る8時間前より後は控える

です。

 

次からはカフェインの正しい使い方を解説します。

 

カフェインの正しい使いかた

f:id:takoyakisann:20201219235242j:image

 

ここまでカフェインの危険性をつらつら述べてきたので「危ないもの」と認識しているかもしれませんが、

上手く使うことができれば、これは大きな武器になります。

一番のメリットは

昼からの作業が眠くならないこと

実際この現象に日本人の70%が悩んでいるとされています。

私もそのうちの一人でした。

次からその解決策を具体的に紹介します。

 

コーヒーナップ

コーヒーナップとは読んで字のごとく

コーヒーを使った昼寝(nap)です。

方法は寝る直前にコーヒーを1杯飲んで、10~20分程度昼寝するのです。

こうすることでまず疲れ成分が体から抜けます。

そしてその抜けた穴をカフェインが埋めるので、疲れがたまりにくくなるのです。

f:id:takoyakisann:20201219223907p:plain

※黄色:カフェイン
 紫色:疲れ成分

なぜ10~20分なのかというとこれ以上眠ると睡眠が深くなって起きるのがしんどくなる。というのが1つと

カフェインの効果が効き始めるのがちょうどそれくらいからだからです。

こうすれば起きた時から目がパッチリで午後からの作業もバリバリこなしていけるでしょう(^^♪

 

 コーヒーが苦手なひとへ

この方法を聞いても
「コーヒーが苦手だからどうしようもないよ」
という方も多いと思います。

実はそういった方に向けていい商品が開発されているんです!

それがこちら


カフェインのタブレット
です。

これならコーヒーの苦手な方や外出先でもパッと摂取することが可能です。

ただ、こちらはコーヒーの様に飲み物ではないので無限に飲みことが可能です。

ですから、「なかなか効果が出ない」からといって大量摂取して体調を崩さないようにだけ気を付けてください。

 

 

 

 

まとめ

とりあえず、モンスターかち込む。
ということは危険です。 
絶対にやめてください。

カフェインとは意外と諸刃の剣みたいな一面があったのです。

正しい知識を身に着け、昼からの作業をぶち上げていきましょう(^^♪

 

 

今回のオススメの本

今回のオススメの本は「超効率勉強法」です。

多分この記事を読んでいただいたかた何かと時間に追われることが多い方だと思います。

この本はそういった方にとてもオススメです。

超効率的な暗記術時間をムダにしない方法など

科学駅に証明されたことのみ紹介されています。

誰かの実体験などではないので、万人に通用する信憑性の高い情報ばかりです。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます(^^♪