ブラックな科学

読者のストレスからの解放を目的とするブログです。相談受け付けてます。

運命の相手を見つけ方 ~運命を科学する~

f:id:takoyakisann:20200801171051p:image

 

 皆さんは、

 

運命の相手を見つけたい!

 

と思ったこと

 

一度はありますよね?

 

 

今でも

そう思っている方はたくさんいると思います( ^)o(^ )

 

 

でも実際はそううまくも行きません( *´艸`)

 

 

皆さんは「100万回生きた猫」という話をご存じですか?

 

 

この話はざっくり説明すると

 

ある1匹の猫が運命の相手と出会うために

 

100万回人生を繰り返すというお話です

 

 

人が実際に運命の人と出会う確率は

 

100万回繰り返す必要はありませんが

 

1万回人生を繰り返すしかない

 

といわれています(^_-)-☆

 

 

実際運命の人と出会い結婚する確率は

 

限りなく低いですよね?

 

 

今回紹介する方法は、

 

自分の理想に100%合致する人を見つける方法ではなく、

 

今までやこれから会う人の中で

 

あなたにとって

 

一番合う人を選ぶ方法です。

 

 

 

最適停止理論

f:id:takoyakisann:20200801171114j:image

 

この方法を使えば、

 

90%の確率で運命の人と出会うことができます!(^^)!

 

 

これは、コメディアン兼、数学者である

 

マッド・パーカーが編み出した理論です(^^)/

 

 

ちなみにこれは確率論なので

 

統計を取った調査よりも信憑性が高いそうです(^^♪

 

 

まず、あなたが期間を適当に決めて

(30歳までに結婚したいなら1年は付き合うとして29歳までなど)

 

 

その間に、デートする異性の数を大雑把に設定します

(これは確率論なのでできるだけ多いほうが良い相手と出会えます)

 

 

ここでは100人としてみますね(^^♪

 

そしてその平方根をとります

 

ここでは、10人です(^^♪

 

 

まず、その10人とデートをします。

 

そして、

その10人とは絶対に付き合ってはいけません*1

 

 

その10人の中から1番の人を決定します

 

 

そして残りの90人とデートする間に

 

1番の人を超える人がいれば

 

その人が90%の確率であなたの運命の人です。

 

 

 

何度も言いますが、これは確率論なので最初に設定する

 

 人数が多いほど、良い人に出会える可能性は高まります(^^♪

 

 

例えば、9人と設定したら

 

まず3人とデートしその後6人としかデートできません。

 

もっといい人と出会えそう( ;∀;)

 

と思ってしまいますよね?

 

 

 

 

運命の相手を探し求めるのは危険

f:id:takoyakisann:20200801171230j:image

ある心理学者が

 

指針なく運命の相手を求め続けると、

 

だんだん心が折れていく

 

という発言をしました(*'▽')

 

 

なぜこうなるかというと

 

人は恋愛に関してこころが折れたあと、自己評価が下がるそう( ;∀;)

 

みなさんも、

 

振られた直後にやさしくしてくれた人に対して

 

好意を抱いてしまった。

 

という経験ありませんか?

 

これは、自己評価が下がってしまったから

 

「これくらいでもいいや」と

 

妥協してしまうからだそう(*‘∀‘) 

 

 

 

自分にはどのようなタイプがベターなのか?

 

しっかりと決めておいた方がいいかもしれませんね(^^♪

 

 

 

 

 

まとめ

感情論でしか解決できないと思っていた恋愛も

 

科学できるのです(^^♪

 

しかし、最初に出会った人がどうしても欲しくなったら

 

その人でもいいのですよ?

 

無理をしてはダメです(*‘∀‘)

 

 

あなたが1万分の1の確率を

 

引き当てた人間かもしれないのだから

 

 

 

 

今回紹介する本は

 

良い相手なかなか出会えない、男や女を見る目がない人

 

に読んでもらいたい本です

 

自分でいい人が見分けられないなら

 

科学に判断してもらおう!

 

というわけです(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*1:+_+